絶アレキ 学者のスキル回し(後編)

絶アレキ 学者のスキル回し(後編)

2020年8月10日
FF14

絶アレキ 学者のスキル回し(前編)の続きです。

アレキサンダープライムフェーズ

時間停止前

  • 温存しておいたルーシッドドリームを時間停止前に使用する
    • 残り効果時間カウントは停止しながらもMP自動回復効果は発動する、ということが起こるので停止中にルーシッドドリームを発動させた方がお得
  • HPの減り次第で囁きを使用
  • アレキプライム強攻撃対策でMTに鼓舞
  • 薬は時間停止と同時に割る

時間停止明け~時空潜行開始

  • タンク以外に攻撃は来ないので、時間停止のダメージはHoT等でゆっくり戻せばOK
  • エーテルフローはエナドレに使い切ってしまって問題ない

時空潜行開始~終了

  • まず散開前にイルミ+士気
  • AoE設置 or 緑玉誘導後の全員集合タイミングで士気
  • 火炎放射を受けたMTに鼓舞
  • 火炎放射処理後、ゴールデン真心に寄りながら秘策
  • ゴールデン真心に到達したら不屈(+秘策)・囁き・士気・フェイブレッシング
  • エーテルフロー、ルーシッドを戻り次第使用
    • エーテルフローはゴールデン真心あたりで戻ってくるはず
  • スーパージャンプ誘導を見てSTに鼓舞
    • 弊固定では、強攻撃1発受けてからのST無敵受け

時空潜航終了~次元断絶開始前

  • ひたすら死炎法を叩き込むべし
  • エーテルフローはエナドレに使い切ってしまって問題ない
  • 適当なタイミングでSTにパクトを挟んでおく

次元断絶開始~次元断絶終了

次元断絶は固定により処理法が大きく異なるため、ポイントだけ説明します。

  • 散開直前辺りでエーテルフロー・ルーシッドが戻ってきているので使用
  • 散開前に士気・囁き・セラフィックヴェールを入れる
    • しっかり備えておかないと、断絶処理ダメージに耐えられない、頭割り戻しが間に合わないなどの事態になる
  • 断絶処理しながら、HP回復・バリアを個別に追加する
    • 例えばDPSがスパジャン誘導する場合に事前に鼓舞を入れておく、など
  • 頭割りの備えは陣・不屈・迅速士気
  • カウント処理しながら、自分に鼓舞を入れる

次元断絶終了~3体フェーズ直前

  • ここでの鼓舞展開は自分(学者)を起点にする
    • タンク起点だと立ち位置の関係上、全員に入らなくなる恐れあり
  • 士気はメガホーリー2回目、ジャスティスストームに
  • アレキプライムが消える直前にチェイサーの出現位置付近に陣を置いておく

3体フェーズ開始~チェイサー・ジャスティス討伐

  • アレキプライムが消えた瞬間に士気を入れるとIIKANJIにジャスティスストームのカウンターで入る
  • 連環計はチェイサーに入れる
  • 秘策は士気に使う
    • MP枯渇防止のため
  • 不屈は決め打ちではなく、HPが戻り切らなそうな時の緊急調整目的で使った方がよい
  • 迅速魔も同様で、士気タイミングが狂ったときの調整で用いるとよい
  • 士気は連打しない。攻撃も欲張らない。必ずジャスティスショックウェーブのカウンターで士気が入るようタイミングを計る

3体フェーズ・アレキプライム討伐まで

  • 残りアレキプライムのみになったなら、あとはシバき倒すのみ
  • フローは陣のために必ず1つ残すことだけ注意する

聖なる審判のポイント

  • 軽減はもちろん、ノックダウン中のHP戻しも意識しておく
    • ノックダウン解除~パーフェクトアレキターゲット可能まで1秒しかない
    • HPが戻っていないと余計な回復を挟むことになり、最終フェーズのDPSチェックに影響を及ぼす
    • ノックダウン中にHPが全快になることが望ましい
  • 聖なる審判には士気・陣・囁き・フェイブレッシングを使う
    • 陣はカウントダウン残り4辺りで使用する
    • 囁きはカウントダウン終わり辺りで使用する
    • フェイブレッシングはカウントダウンが終わり、ビームみたいなのがシャッと入った辺りで使うと丁度よい

パーフェクトアレキフェーズ

実際のクリア時の回しに改善の余地がかなりあったので、ここより紹介している回しは机上の部分が含まれます。

Memo(フロー・連環・転化のタイミング)

  • 開幕ノックダウン明け即フロー
    • 蠱毒法入れて薬
    • ルインラ入れて連環計
  • 未来観測α詠唱前あたりフロー
  • 未来観測α後の誅罰(タンクスイッチタイミング)辺りでフロー
    • 連環計と転化もここ
  • 未来観測βの強制移動で動けるようになった辺りでフロー
  • 聖なる大審判1回目着弾辺りでフロー
    • 連環計・転化・薬は誅罰あたり
  • 牢獄に掴まる直前にフロー

開幕~未来観測α詠唱開始

  • パーフェクトアレキ開幕はギミックにより回しが変わってくるので、厳密にはこの通りにはなりません
  • エーテルフローはエナドレに全部使っても問題ない、ということだけ覚えておくとGOOD
  • 欲張らない ←最重要
    • ルインラ多用もやむなし。とはいえ↑の回しはもう少し減らせると思う
  • 強制移動後が蠱毒法更新タイミング
  • 照準は士気、セラフィックヴェール×2、秘策不屈で対処
  • MTは割とほっといても平気

未来観測α詠唱開始~未来観測α終了

  • ギミックを判別しながら、転化も活用してエナドレをたくさん叩き込むことなるので、地味に忙しい
    • 騙し中にエナドレを叩き込むことを意識しすぎない方がよい
    • そもそもエナドレ5発=リキャ3秒×5回なので騙し中にエナドレ全部入れるのは無理
  • 未来観測αは軽減一切不要
    • ギミック処理と、DPSを出すことだけ集中すればOK
  • エーテルフローは1つ残す
    • α明け加重誅罰の陣に使用
  • 詠唱バーが消えても3秒程はターゲッティング可能

未来観測α終了~未来観測β詠唱完了

  • 未来観測α明け、ターゲッティング可能までにMTに鼓舞&パクト
    • フェイブレッシングは打てなかったかもしれない(そんなに影響はない
  • 陣はタンク2人が入れればOK
  • β前にエーテルフローを使い切っても問題ない
  • 照準の予兆が見えた辺りで秘策鼓舞→展開

未来観測βのポイント

  • 未来観測βの集団罰・スーパージャンプを受けた後は士気でケアを入れる
  • DPSには内丹などの自己回復をお願いしたほうがよい
  • 未来観測β中にエーテルフロー・ルーシッドが戻るので使っておく
  • 拝下の安置に逃げ込んだタイミングで応急士気、STに鼓舞

未来観測β終了~時間切れ

  • 回しの画像が長くなっていますが、要するに連体刑へ軽減を合わせつつ、最大限の火力を叩き込むのみ
    • 連体刑の軽減1回目:フェイイルミ・士気・陣
    • 連体刑の軽減2回目:転化・秘策士気・陣
  • 連体刑のHP戻しは妖精のみで十分。もちろん、連体刑2回目は戻す必要なし
  • 事故防止で適時タンクにパクトを繋いでおいたほうがよい
  • 一番最初に時間切れ拘束される関係上、薬は早めに使用する
    • 聖なる大審判1回目後の誅罰(タンクスイッチタイミング)辺りで使用
  • 時間切れ拘束直前の蠱毒法更新は忘れずに